So-net無料ブログ作成

スマホ人生始まる [快眠のすすめ]

ついに持つ羽目になりましたimage.jpg
使ってみると便利だけど
今は難しい

nice!(0) 

FITLABO NEWデビューキャンペーン実施中 [健康睡眠は枕と敷から]

FIT LABOが新しくなりました
オリジナル敷・マットの種類が増えそれに伴い側地が一新されました

そこでデビューキャンペーンです

1、FITLABOのホームページからクイズにお答えして当たる「体験ギフト」
2、FITLABO商品、オーダー枕、オーダー敷・マット、オリジナル敷・マットをご購入で
健康習慣を送れるグッズが当たる応募券プレゼント
3、オーダー敷・マットご購入で人気のお昼寝まくらを購入者全員にプレゼント

キャンペーン期間は、3月8日から5月31日まで実施中です

まくらが気になっている方、お試ししてオーダー敷やオリジナル敷が気になっていた方
今がチャンスです!!



cam_nav01.png FITLABOホームページはこちらから→
cam01_img01.png


cam_nav02.png


FITLABOホームページはこちらから→


cam02_img01.png


cam02_btn.jpg





にほんブログ村




詳しくは当店ホームページ、オーダー枕とオーダー敷を参照

 オーダー枕

http://www.kaimin-atorie.com/オーダー枕/

 ホームページ、オーダー枕.jpg

オーダー敷

http://www.kaimin-atorie.com/オーダー敷/

ホームページ、オーダー敷.jpg


nice!(1) 

ご夫婦でオーダーマット、奥様80㎝ご主人様90㎝ [健康睡眠は枕と敷から]

遠く駒ケ根市からご来店の奥様
頭痛が原因でオーダー枕を4年前からお使いになられています
4年前と言えば、当店が快眠ひろばに加盟まもなく、お客様№20番の方です
当店のオーダー枕の歴史をともに歩いて下さっています

なかなかしぶとい頭痛で調整に何度も何度も来店いただいております
首の角度を調整したり、横向き寝の状態を修正したりと足したり、引いたり・・・
医療的な原因はないとのことですので、枕とベッドとの相性が問題かと思われます

奥様、ご来店当時は子供さんと一緒にベッドをお使いになっておられました
こどもさんと添え寝するお母さんは多いですが、肩こりや頭痛でお悩みの場合も多くなります
寝姿勢に問題が生じることが原因のようです

ベッドも古くなっているので、替え時とのお話しもしておられました

今年の1月下旬、久しぶりにご来店、今度はご主人様と一緒に
奥様また、頭痛が出始めたとのこと
ご主人様、僕も枕を作りたい・・・と

改めて、ご自分に合わせた理想的な硬さのオーダー敷をお試しされて
「やっぱり違うなあ。オーダー敷マットに交換するかな?」
1月は当店初売り特別サービス期間中!!

お二人がお使いのベッドは170㎝のキングサイズ
オーダーマットの特注サイズになります
そこで奥様は80㎝巾、ご主人様が90㎝巾
お二人、それぞれの硬さのオーダーマットを作成致しました

3月3日、やっと出来上がり駒ケ根市からご来店いただきました

バレーボールの選手をしておられた奥様、昨年アキレス腱を痛められたとか
なおさら、寝姿勢に無理が効かなくなったようです

元気で明るいご主人様、仲のいいご夫婦です

いい眠りができますように・・・・・
オーダーマットがきっとお役に立ちますよ


FITLABOパンフ敷.png


オーダーマットのサポートバーを用いて寝姿勢の補正ができます
出来た当初は固めになっておりますので、少しお使いいただいて違和感があるようでしたらご相談ください。

voice_2_ph.jpg

新オリジナルマット3.jpg




にほんブログ村




詳しくは当店ホームページ、オーダー枕とオーダー敷を参照

 オーダー枕

http://www.kaimin-atorie.com/オーダー枕/

 ホームページ、オーダー枕.jpg

オーダー敷

http://www.kaimin-atorie.com/オーダー敷/

ホームページ、オーダー敷.jpg


nice!(1) 

NHKあさイチで紹介されたグリーンダウンボックスあります [羽毛工房とリフォーム]

長野県、羽毛工房の快眠アトリエー小池ふとん店です
3月7日NHKあさイチで放送されたグリーンダウンプロジェクト
「うもうふとん捨てないで!もったいない!」
古くなった羽毛ふとんやダウンジャケットの回収、リサイクルのお話です

放送後早速問い合わせのお電話がありました
詳しくご説明いたします

今世界中で羽毛が高騰しています
生産量が減少していることに加え、衣料用(ダウンジャケットなど)の消費が多く
羽毛量が不足し価格が高くなっています

羽毛に変わりうる素材がまだ十分ではないため、羽毛の再利用を行うというものです

ダウンを取り扱う企業が協力して、資源の再利用を提案しています
その仕組みがグリーンダウンプロジェクトです

まずNHKあさイチ放送内容から

木3月7日
女のニュース 捨てないで!ダウンコート
そろそろ衣がえの季節。不要になった羽毛製品は捨てずに回収し、リサイクルしようという取り組みが進んでいます。
実は、羽毛は丈夫な素材で、リサイクルすることで100年使うことができるといいます。
手ごろな価格のダウンジャケットが出回り、羽毛の需要が増えた分、リサイクルして資源を活用しようという流れが世界的に広がっています。羽毛リサイクルの最前線を取材しました。
ゲスト:片岡安祐美さん、三上真史さん
リポーター:近江 友里恵アナウンサー

近江さんが7年ほど使っていたダウンジャケット、汚れが多くなり、袖なども擦れて痛みが目立つようになってしまった
高価だったので捨てるに及ばず、メルカリに出品しては見たが売れなかった!
何かいい方法はと問い合わせたところ!グリーンダウンプロジェクトにたどり着いたそうです

実際近江さん自身で、プロジェクトの加盟店(衣料販売店)に赴き、ダウンジャケットを回収ボックスに収めていました
その後リサイクル工場に出かけダウンジャケットのリサイクル状況をリポートしています

その工場で行っていたのは、ドイツ製の洗浄機を用いた「プレミアムダウンウオッシュ」です
わたしもかって、神奈川県の工場に出かけ実際に見学したことがあります

もともといい羽毛ならば「プレミアムダウンウオッシュ」という洗浄方法を行えば再利用は十分できます
当店が行っている「羽毛布団リフォーム」もプレミアムダウンウオッシュを行っています

布団の側地やダウンコートの布地は取り除き、羽毛そのものだけを洗浄します
痛んだ羽毛は取り除かれ、洗浄から乾燥まで専用機で一貫して行い、取り出された羽毛は新品と何ら変わりないパワーのある羽毛になります
とくに乾燥の工程がダウンのパワーを引き出す特殊な装置を用いて行います

もちろん目減りはしますが、当店のリフォームの場合は新しい羽毛を補充しますから問題はありません

グリーンダウンプロジェクトでは洗浄した羽毛を「リフレッシュダウン」としダウンジャケットや羽毛ふとんに製品化して販売しているとのことです

当店は回収のお手伝いをしております
世界の資源を守るためにお役に立てることをしてまいります
回収ボックスを店内に設置しておりますので、お客様のご利用をお待ちしています
枚数がまとまった段階で西川リビングへお送りします

ただしこの事業は「古い羽毛ふとんを買い取る」ことではないのでご了解をお願い致します

NHK放送の中で近江さんもご自分のダウンジャケットを無償で提供することに一抹の懸念をお持ちになったとお話しされていました


店内に掲示しているポスター

CIMG9595.JPG


入り口横にボックスを設置

CIMG9597.JPG


回収用のボックス


CIMG9592.JPG


グリーンダウンプロジェクトの解説書から


グリーンボックス 1.png


グリーンボックス2.png


グリーンボックス 3.png

グリーンボックス 4.png




グリーンボックス 6.png



グリーンボックス7.png




hatuuritennmei-3.jpg




にほんブログ村


◆お布団のお悩み相談はサブホームページをご覧ください。


季節限定、期間限定のお買い得品もご紹介しています


http://kaimin2014atorie.jimdo.com


 ◆お買い得な商品情報をつづった速報版


当店の売り出しチラシの詳細掲載や


日々の中での売れ筋商品などの紹介などは


ブログ「いい眠りしていますか?


お得なおふとん情報」は


http://blog.goo.ne.jp//iinemuri2014kaimin



快眠アトリエー小池ふとん店のお願い


私たちの願いはただ一つ


この地にお住いのすべての人たちが


元気で日々活力に満ちた生活をして


長生きしていただくこと


そのための「いい眠り」ができるような


お手伝いをさせていただきたいと


心から思っています。


伊那谷にお住いのみなさん


飯田市、


下伊那郡、阿南町、高森町、松川町、阿智村、売木村、


大鹿村、下條村、喬木村、天龍村、豊丘村、根羽村、平谷村、泰阜村


上伊那郡、飯島町、辰野町、中川村、南箕輪村、箕輪町、宮田村


駒ケ根市、伊那市、松本市,小諸町


塩尻市、諏訪市、茅野市、岡谷市,


木曽地方の皆様


眠りでお悩みのことがありましたら


お気軽にお電話ください


お待ちしております


快眠アトリエー小池ふとん店


飯田市大門町111


電話0265-22-2374


FAX0265-52-2374


メール:iinemuri2014@outlook.jp


地図05.png


店名051.png


 


nice!(0)