So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

また婚礼のお布団が・・・・・ [もめんふとんとリフォーム]

長野県オーダー枕、快眠アトリエー小池ふとん店です

今回は高森町のお客様
ご自分の婚礼用のおふとんの作り直しです
お布団が重くへたって来たのでふんわりに作り直したいとご希望です

昨年ご主人様の敷ふとんをお直ししたらとっても良かったからこれもお願いします

掛、敷組ふとん2組を4枚のお客様用敷ふとんに作り直します
綿はミックス加工をしますのでふんわりふっくらとなります

CIMG9114.JPG

お嫁入りの時お母さんがそろえてくれた婚礼セット
上記の掛敷組ふとん2組分はお客様用です
このほかに・・・・・・
新しい生活を始める若い二人の掛敷お布団組2組と
夏用の肌掛ふとん2枚、冬用の毛布2枚、枕2個
若い夫婦用の夫婦座布団
普段使いの部屋座布団5枚、夏座布団5~10枚
お客様用の八端判やドンス判の座布団10枚などが一式です

しかも当時はすべてが同一柄で揃うなどデザイン的にもこだわりがあり豪華なセットでした

さらにたんす一式と、着物一式が加わり嫁入り道具でした
女性が用意する身の回り品といったところですね
婚礼前には部屋に飾って親類衆やご近所の方たちにお披露目もしたものでした

今では電化製品などが多くを占めるのでしょうけど
当時はこれらが大事な嫁入り道具でした

「父は公務員だったからこれだけそろえるのは大変だったはずよ」
「お母さん良くしてくれたわ」とお客様

「婚礼の掛ふとんの側地はきれいだから、4枚の敷ふとんのうち
1枚だけはこの緞子の生地で作り直してもらえますか?」
「今度母が泊まりに来るのでその時使ってもらいたいの」

いいことですね。わかりました
掛の側地をクリーニングしてから生地の状態にほどいて敷布団に仕立て直します
手間はかかりますが思い出を残せますよね

今の生活はすべてで便利になり、余分なものは省くことが多くなりました
婚礼セットは確かに無駄も多かったとも言えます
必要なものをそろえる人たちが多くなりました

でも娘のために心を砕いたお母さんの気持ちは今も変わらないはずです
その気持ちを大事にする今回の敷布団は心打たれました


ありがとうございました









にほんブログ村


◆お布団のお悩み相談はサブホームページをご覧ください。


季節限定、期間限定のお買い得品もご紹介しています


http://kaimin2014atorie.jimdo.com


 ◆お買い得な商品情報をつづった速報版


当店の売り出しチラシの詳細掲載や


日々の中での売れ筋商品などの紹介などは


ブログ「いい眠りしていますか?


飯田市小池ふとん店、お得なおふとん情報」は


http://blog.goo.ne.jp//iinemuri2014kaimin



快眠アトリエー小池ふとん店のお願い


私たちの願いはただ一つ


この地にお住いのすべての人たちが


元気で日々活力に満ちた生活をして


長生きしていただくこと


そのための「いい眠り」ができるような


お手伝いをさせていただきたいと


心から思っています。


伊那谷にお住いのみなさん


飯田市、


下伊那郡、阿南町、高森町、松川町、阿智村、売木村、


大鹿村、下條村、喬木村、天龍村、豊丘村、根羽村、平谷村、泰阜村


上伊那郡、飯島町、辰野町、中川村、南箕輪村、箕輪町、宮田村


駒ケ根市、伊那市、松本市,小諸町


塩尻市、諏訪市、茅野市、岡谷市,


木曽地方の皆様


眠りでお悩みのことがありましたら


お気軽にお電話ください


お待ちしております


快眠アトリエー小池ふとん店


飯田市大門町111


電話0265-22-2374


FAX0265-52-2374


メール:yumehiko@qb3.so-net.ne.jp


地図05.png


店名051.png


 


nice!(1) 

nice! 1